アニメ | スマホのエロゲーには魅力が沢山!
白い天使

アニメ

「アニメ」という言葉は「アニメーション」の略語であるが、原語の英語ではこのような略は行われない。
現在では、特に欧米では広く通じるようになった略語であるが、これは日本発信のものなのである。

絵画を動かすという動画技術自体は、昔から存在しているものであり、各国で製品化は試みられてきた。
19世紀にフランスで発明された、スクリーンと映写機を用いた「映画」が道を開き、今に至った。現在、この分野では世界の先端国と目されているのが日本である。
2000年代に入ってから、このことは国家的な規模で考えられ始めるようになった。実際に、「クールジャパン」の試みの中に、「ジャパニメーション」の項目が含まれるなどしている。

子供向けの表現媒体であったアニメーションを、大人の視聴に耐えうる状態で描いたことが、現状の理由であるとされる。
実際に、欧米では芸術系の作品を除いた大人向けのアニメーション作品はほとんど存在しなかった。

「大人に耐えうる作品」には、「大人にしか視聴できない作品」も含まれる。具体的には、エロチシズムをテーマに据えたアダルト向けの作品である。
いわゆるアダルトアニメと呼ばれるものは、実写映像で製作されたアダルトビデオやポルノ映画などと同じく、18歳未満は視聴禁止である。

あらゆる芸術作品や娯楽媒体の作品が、その成立と同時に宿命的に背負わされているのがエロチシズムである。あらゆる分野の作品は、それをテーマの中心に据えた作品の製作を免れない。
パラパラマンガで始まったこの分野でも、それは同じである。
この分野で、初めて成人向けのものが作られたのは1920年代末のアメリカにおいてである。日本では、その数年後の1932年に初の国産の作品が作られた。
前者は、今ではインターネット上の動画投稿サイトでも見ることが出来る。日本製のものは、現在では行方知れずとなっている。

アニメーション作品には、いくつかのジャンルが存在している。
そのジャンル分けは明快なもので、それというのも、実写のアダルトビデオとは違って、アニメ作品には必ずストーリーが存在する。
そのストーリーのジャンルによって、エロチシズムのジャンルが決まってくるのである。

たとえば、その作品が男女の純愛を描く作品である場合もあれば、ヒロインが何者かに陵辱を受けるストーリーを描いたものもある。
前者は学園モノの体裁を取ることが多く、後者はSFやファンタジーなど、さまざまな分野に及ぶものである。このようなジャンル分けに従って、インターネット上の「エロ動画サイト」などではカテゴリーが分けられている。